一般社団法人産学協働人材育成コンソーシアム

最新情報

「インターンシップ緊急アンケート調査」の実施

 CIACでは、新型コロナウイルスの影響によって、各大学等における本年度のインターンシップの実施状況、方針についての緊急アンケート調査を実施しました。

 CIACが、2017年度~2019年度に開催した「インターンシップ専門人材研修会」に参加した115名(111大学)に回答を依頼し、47名(47大学)から回答を得ました。47名と回答数は少ないですが、他大学の動向を知ることができる有益な調査結果です。

 このような状況で、企業と協働するインターンシップは難しい状況ですが、創意工夫をし、果敢に挑戦する大学もあるようです。2022年卒(現3年生)の就職・採用活動はこれまでの様相と変わることが予想されています。
 学生にとって少しでも教育的効果の高いインターンシップの実施に向けて本調査結果をご活用いただけましたら幸いです。

【インターンシップ緊急アンケート調査】調査結果
PDFファイルを表示



CIACは設立3周年を迎えました

 CIACは、2017年に一般社団法人として設立しました。
 この国の最大のテーマは、産業界と教育界が広い視野で人材育成に取り組むこと。この問題意識を共有したメンバーが集まりました。各メンバーは、それぞれの領域で実践と実績を積んできた強者ぞろいです。この3年間で、大きな成果を出してきました。これからも、人づくり、社会づくり、国づくりを目指し、邁進していきます。

>>メンバーの詳細はこちら



『大学教育を変える、未来を拓くインターンシップ』を出版しました

 ジアース教育新社より『大学教育を変える、未来を拓くインターンシップ』を出版しました。
 『文部科学教育通信』誌に掲載された同名の連載を書籍にしました。大学教育を変えていこうとする、先駆的な取組をしている大学の学長から、インターンシップ、大学教育に対する想い、持論、哲学、リーダーシップについて大所高所から語っていただいています。
 
インターンシップ専門人材による実践レポートでは、どのような役割、業務を担い、教育的効果を生み出しているのか。その過程でどのような課題に直面し、対応しているのか。その悪戦苦闘ぶりが分かります。 
 各レポートとも、成功事例ではありません。他で目にする好事例集などは、多くの大学では手の届かないあるべき論も多く、そのような事例はあまり参考にならいでしょう。インターンシップはこうあるべきだという一般論、標準ではなく、一つひとつの事例から醸し出される個性が大事です。その個性を大事にした内容となっています。

>>書籍の詳細はこちら


日経キャリア教育「キャリエデュ」に紹介されました

2019年度に開催したCIAC主催「インターンシップ専門人材研修会【発展編】」の様子が、日経キャリ教育「キャリエデュ」(日経HR)に紹介されました。

>>記事の詳細はこちら







CONTACT

CIACは、「産」と「学」の協働により、具体的な実践を通して、人材の育成と活用を実現します。

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
一般社団法人産学協働人材育成コンソーシアム
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-2-22 千代田ビル2階
㈱クオリティ・オブ・ライフ内
Mail:info@qol-inc.com
PAGE TOP